『そよ風』 は花の大好きなメンバーによるボランティアグループです。  
HP「そよ風」の活動状況と豊岡市但東町資母地区の今を発信しています。 
 
ホーム あいさつ 活 動 地区情報 アクセス
         

                  新 着 地 区 情 報                          

             

 但東町資母地区を中心に、四季の移ろいや地域のイベント、出来事などをお知らせします。
 秋を探して…   9月28日(土)

 秋の花を探して資母地区をドライブ。まず、稲刈りの済んだ田んぼのあぜ道には燃えるような彼岸花があちこちに!赤花地区に進むとたくさんのソバ畑。白いじゅうたんを敷き詰めたようです。よく見るとなんと可憐な花!そば処「ソバの郷」のお客様もソバ畑を撮影。また奥赤地区に行くと耕作放棄田にはススキの群生。
 友人宅の前庭には萩の花、最後はそよ風の拠点「あぜみち」にフジバカマが秋の訪れを告げてます。

  
    ①燃えるような彼岸花                      ②萩の花
  
        ③あちこちにソバ畑               ④ソバの花って可愛い
  
          ⑤ススキの群生                  ⑥フジバカマ
 
奥藤「田んぼアート」開催&奥藤にポツンと一軒家?  9月8日(日)

  
                        展望台からの田んぼアート

 9月とは言え猛暑日となりました。恒例の奥藤「田んぼアート」に出かけました。小高いところにある展望台の山道を登るのに汗だく!
今年のアートはウサギさん。地元の方々とお話ししながら手打ちソバに舌鼓。「あっちの山の中で面白いことしてる人がおるで」との情報を得て、ここでイベントのお手伝いをしているご本人さんを紹介してもらいました。
  
       地元産のサツマイモ他             手打ちそばに舌鼓

早速了解を得て車を走らせる。会場から1キロ余り離れた山の中腹に点在する小屋が見えてきました。奥さまの案内で広い敷地内を回る。機械や道具が所狭しと並んでいる作業小屋、18羽もいるニワトリ小屋、子どもたちが喜びそうなアスレチック、その隣は休憩小屋,上のほうにはバーベキュー小屋、奥さんのガーディニングのスペースなどたくさんの小屋があちこちに建ってます。電気や水道はないので沢の水を引き、太陽光発電でまかなっている。

  
       ニワトリ小屋                      アスレチック広場
  
        休憩小屋                     ガーディニングも楽しんでます 
  
      ここでバーベキューを                電気は太陽光発電で 
 
 このポツンと一軒家は、宮津市の40代のご夫婦が、自分たちの遊ぶ場所が欲しかったことから5年前からコツコツと休みを利用してお二人で手作りしたとのこと。また奥藤の皆さんとも交流して山の中暮らしを楽しんでいます。これからは宿泊できる施設も造る予定だそうです。
 
 
 ● チューリップの球根掘り   5月25日(土)

 たんとう花公園でチューリップの球根掘りがあり友人を誘って行ってみました。受付で掘り取り料300円を支払い作業開始。午前10時からということですでに畑の中はたくさんの人がスコップをもち格闘中!チューリップまつりのフラワーアート部分が球根掘りに解放されました。気温のほうはウナギ登りでもう汗だく!!
 少し小振りの球根でしたが友人も大喜び。来年綺麗に咲いてくれるといいですね。


  
                            皆さん、球根掘り作業開始

   
        スコップで掘り起こし                           少し小振りですね         
 ● 新緑登山へ  4月29日(月)

 ゴールデンウィークの昭和の日、「たんたん 温泉福寿の湯」主催の新緑登山(高竜寺ヶ岳697m)に参加しました。
 あいにくの天候で雨こそ降ってませんでしたが気温が低い曇り空でした。受付を済ませいざ出発!久しぶりの山登りに途中から息も上がりだし、休憩しながら頂上目指す。沢のせせらぎ、野鳥の囀りに心癒されながら、美しい新緑の中を進んでいきました。山頂近くになるとツツジ、ブナの群生地に出会いました。途中で出会った登山客に励まされて約1時間半くらいかけて山頂到着。
 山頂では係の人に登頂記念のプレートを頂きました。吹きわたる風は肌寒く、それでもてっぺんの眺望に大満足!明日は足が痛くなりませんように。

  

       ①高竜寺ヶ岳登山道入り口                    ②新緑の登山道を歩く
         
          ③美しいツツジ                           ④沢のせせらぎ
   
       ⑤ブナの群生地                     ⑥山頂にて(京丹後市久美浜町を望む)
     
 ● 「2019たんとうチューリップまつり」開催中 4月12日(金)

 恒例の「2019たんとうチューリップまつり」がただいま開催中です。10日(水)にオープンしましたが4月に入ってから思わぬ寒の戻りがあり開花が思ったより遅くなりました。フラワーアートの「チコちゃん」はもう少しでくっきりするでしょう。
 チューリップ狩りのコーナーでは球根ごとの抜き取り、鉢植え、プランター植え、切り花の販売をしています。見本園のコーナーでは珍しい品種のチューリップが並んでます。
 本日は但東町内の認定こども園の園児たちが風船飛ばしで会場を盛り上げてくれました。可愛い子供たちの喚声が上がると手に持っていた風船が元気よく風に乗って高く舞い上がって行きました。
 来週あたりに満開を迎えると思います。25日(木)までですのでぜひ足を運んでください。


  
     フラワーアート「チコちゃん」                       それいけ!風船飛ばし

  
   チューリップ狩りコーナー「これはどうですか?」             見本園コーナー

  
     見本園 綺麗ですね                        見本園コーナー2              
 ● 春を満喫! 3月9日(土)

 凍てつく寒い朝でしたが徐々に気温が上昇し、素晴らしい春模様になりました。陽光に誘われウォーキングに出かけました。太田川のきらめく川面を眺めながら歩みを進めると、川沿いの桜並木は蕾がプックリ膨らんで春の訪れを感じさせます。道端のつくしん坊が可愛らしく頭をもたげ、オオイヌフグリの小花があちこちに咲いてます。太田農村公園では梅の花が満開を迎えています。往復5キロの道のりにはたくさんの春の兆しが楽しめました。
  
        桜のつぼみも膨らむ                  道端のつくしん坊 
 
  
       オオイヌフグリ                     咲き誇る梅の花
 
 足取りを山に向け、そよ風が2年前にシイタケの原木栽培に取り組んでいる森へ行ってみました。昨秋から上がりだしたシイタケが2月末ごろからまた収穫できるようになりました。今日は30個ばかりを収穫してメンバーにお届けしました。

  
       森の中で…                       収穫しました 
● まるごとモンゴル雛まつり開催  3月3日(日

 3月3日は女の子の節句!雛祭ですね。日本・モンゴル民族博物館(豊岡市但東町中山711)では楽しい雛まつりが開催されました。子ども連れの家族がたくさん見えてました。受付を済ますとロビーではモンゴルのお菓子とお茶の振る舞いがありました。クッキーのようなものは素朴な味がしました。
  
      
お菓子とお茶の振る舞い              モンゴルのお菓子

 モンゴル産のウールを使って可愛いひつじのマスコット作りは人気のコーナーで順番待ちの行列ができてました。
  
       
羊のマスコット作り                   出来上がり

 また、モンゴルの民族衣装の試着コーナーではお気に入りの服を着てカメラに向かって「ハイ!ポーズ」。昔懐かしい但東の暮らしが展示してあるコーナーではお雛様が飾ってあり子どものころにタイムスリップしたみたいです。
  
        
民族衣装試着コーナー                お 雛 様

 馬頭琴とドンブラのミニコンサート会場はたくさんの人で埋まっていました。モンゴルの大草原を馬が疾走してるのを連想するネルグイさんの馬頭琴の演奏、大自然の中にいるかのように響き渡るクグルシンさんの歌声に魅了された時間を過ごしました。
  
  
馬頭琴とドンブラのミニコンサートの様子          ちょっぴり触ってみようかな
 
● もうすぐ春ですねぇ♪♪ 2月22日(土)

 今年の冬は積雪もなく、たまに雪が降ってもすぐに消えてしまいます。春の足音が聞こえてきそうな天候に恵まれ、春を探すウォーキングに出かけてみました。まず豊岡市但東町畑山にある「たんとう花公園」へ。まだ出揃ってはいませんが例年にない天候にそろそろ可愛いチューリップの葉が頭を出してきました。4月のチューリップまつりに向け元気にスクスク育ってます。
  
       
元気にスクスク                    鉢植えもスクスク

 花公園の近くにある「但東ダム」にも足を延ばしてきました。ダム湖である「よこたに湖」の周囲を歩いているとアセビ(馬酔木と呼ばれ毒性がある)があちこちに群生してました。これは庭木にもなり、たくさんの蕾をつけてました。また、クロモジも見つけました、これは餅花木ともいわれ、昔子供のころお正月用に小さくちぎった餅をたくさんつけて飾った記憶があります。懐かしくなり枝を折って独特の香りを楽しんでみました。
  
         
アセビ                          クロモジ

 ピンクのネコヤナギは「そよ風の拠点あぜみち」の花壇で咲きだしました。春の兆しに心浮き立つ一日でした。
                             
                  
ピンクのネコヤナギ
但馬天満宮 学業成就・合格祈願祭 2月3日(日)

 受験のシーズンになりました。豊岡市但東町奥矢根にある但馬天満宮で恒例の学業成就・合格祈願祭が開催されました。今冬は雪がなく足元のよい祈願祭になりました。地元の奥矢根ふるさと委員会の主催で毎年開催されています。境内の中にはジャンボ絵馬が奉納されていて受験生がそれぞれ合格祈願をしています。
 拝殿の中では神妙な顔つきで受験生がご祈祷を受けていました。甘酒の振る舞いで冷えた体を温め、地元産の古代米の搗きたてお餅をお土産に買いました。受験生の皆さんの健闘を祈ります!!
  
     但馬天満宮参道                     拝殿の中ではご祈祷中

  
       ジャンボ絵馬に合格祈願              合格祈願の鉛筆           

                
                       甘酒の振る舞い
 
鹿網に… 1月13日(日

 久しぶりのお天気に恵まれウォーキングに出かけると、鹿が網にかかり暴れている様子。民家の近くの畑の中、張り巡らした鹿網に角がひっかったようです。畑の持ち主さんが猟友会の人に連絡を取り、すぐに駆除されました。降雪がなく山から下りてきて鹿が農作物を食い荒らしているようです。農作物の被害が増え駆除はしかたないですね。

 

                 


                太田農産物直売所のコーナー
                

太田農産物直売所…毎週土曜、日曜営業します。ご来店お待します。

  所在地:豊岡 市但東町太田16

直売所情報…11月16日(土)の様子です。

 朝の冷え込みがグッと厳しくなってきました。本日の直売所は葉物野菜・サツマイモ・サトイモなどが盛りだくさん。お客さんも大根、白菜などのまとめ買いが目立ちます。温かい鍋物が美味しい季節になりました。

※毎年恒例の『太田農産物直売所感謝祭』が11月17日(日)開催予定です。
 皆さんぜひお越しください。

        
      サツマイモ                   ユ  ズ                    自然薯
        
       白  菜                案山子さんもリニューアル           本日の様子   

     

                      Copyright (C) 2012 Group Soyokage. All Rights Reserved                ページのトップに戻る